泣ける!【新説】千と千尋の神隠し!ハクと千尋が兄弟だった!?


先日、YouTubeで公開された岡田斗司夫氏による、千と千尋の神隠し解説動画その内容に驚愕しました!
そこで語られたのは、千尋とハクが兄弟であった説。
スタジオジブリを知り尽くした同氏の解説は非常に説得力がありました。
また、そう考える事で物語の整合性が実に明快につくという点でも腑に落ちました。

まず、映画の冒頭で千尋にとことん冷たい母親。
母親が千尋と話す時に一切目を合わせて話をしません。
夫とは仲良く話しをしているのに、娘とは目をあわせず、しがみつく娘に「あまりくっつくかないで」と言い放ちます。
何故?

映画の中盤、魔女の契約印を返す為に帰る事が出来ないと思われる沼の底に行くという千尋の決意を釜爺がこう表現します。
「わからんか、愛だ愛」
宮崎駿監督が恋愛をこういった語り口でセリフ化する事は過去の作品から見てもありえないそうです。

そして、宮崎駿監督が主題歌として作詞した幻のテーマ曲「あの日の川で」

「あの日の川で」
陽のさす裏庭から 忘れかけていた木戸をぬけ
生け垣から影おとす道をいく
むこうから走ってくる幼い子はわたし
砂場の足跡をたどって、もっと先へ
いまは 埋もれてしまった川まで

ゴミの間に水草が揺れている
あの小さな川で、私はあなたに出会った
わたしのクツがゆっくり流れていく
小さな渦にまかれて消える
(中略)
誰かのために生きている私
私のために生きててくれた誰か
私はあの日 川に行ったのだ
私はあなたの 川に行ったのだ

この詩で語られる一節、「誰かのために生きている私、私のために生きてくれた誰か」これがキーワードとなります。

最後にエンディングで靴が渦巻いている時に何かを拾い上げる為に手が入ります。
この時の手は、千尋のものでは無いのです!
私もこれは、千尋の手では無いと思っていました。
川の主であるハクが千尋を助ける所を擬人化したものだと思っていました。

それが、岡田斗司夫の解釈では半分あってて、半分違うというものでした。

岡田斗司夫曰く、「ハクは千尋を助ける為に川に入り死んでしまった兄である。」
衝撃的ですが、これなら全て説明がつきます。

(千と千尋の神隠し絵コンテ集より)

サーっとのびていく子供の手。
誰の手か明示しておらず、敢えて子供の手という指定の仕方です。

まず、母親が千尋に冷たくあたる理由。
「兄が死んでしまった理由をつくった千尋に冷たく当たっている」
勿論、母親本人は千尋を愛していてその自覚はりません。
千尋も溺れた事しか聞かされていません。

また、劇中でハクがこう語ります。
「そならの小さい時から知っている」
※何故知っているかはハク自身にも分かりません。

そして、幻の主題歌。
「私のために生きてくれた誰か」はハクであり、「誰かのために生きている私」は千尋がハクの為に命をかけて魔女の契約印を返しに行くシーンに繋がります。

さらに、釜爺の言葉は兄弟愛を語っていた。
「わからんか、愛だ愛」と確信したようにいう釜爺、恋から愛という流れでのセリフと思って見ていた私には違和感がありました。
釜爺が兄弟であったかどうかを知っていたかは分かりませんが、そいいった家族愛を感じていった一言でと考えると凄く自然です。

そして、冒頭の夕日のシーン。
日の出ている間に姿が見える神様はいません。
しかし夕日の油屋の橋で千尋にはハクが見えています。
つまり、ハクは神様にはなりきてれいない、なりかけの状態。

ここまでが、岡田斗司夫が解説した「千と千尋の神隠し」です。

この解説後に映画を観ると、今までとは別のベクトルに感情が持っていかれます。
あらゆるシーンが切ない!
本当に、釜爺の言葉「わからんか、愛だ愛」がキラキラとしつつも、心に刺さるようになりました。

ちなみにですが、千尋がこの世界の食べ物を食べないと消えてしまうとゆう設定ですが、これは古事記の黄泉の国から来ているんじゃないかと私は考えています。

古事記の中で、イザナミという神が「黄泉戸喫」をします。
黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)とは「死者の世界の食べ物を食べること」
これにより、イザナミは死者の国か出れなくなってしまいます。
その世界の食べ物を食べる事で、その世界で存在する事ができ帰れなくなるって、まんまこの映画設定。
(千尋は例外的に儀式に成功し帰る事ができましが。)

千と千尋の神隠しが、その名の通り日本の神の話であるなら、間違いないと思うんですが。
それも、各々の解釈だと思います。
監督の意図しない解釈かどうかは別にして、多数の解釈が存在し別の見方で見ると別の作品に見えてきます。

世界中の全ての映画に言える事ですがストーリーは決して一本道ではなく、幾通りものエンディングを見る人ごとに迎える。
これこそ、真の価値を持った、クリエーターの魂が込められた映画だと思います。

(追記)2020年6月
全国劇場公開が始まった本作。
劇場視聴でのサウンド、映像体感レビューです。

【イオンシネマ】6月26日(金曜日)千と千尋の神隠しレポート!

Related posts