お部屋探しのフローチャート 徳島市VoL.0ゼロ

転勤や進学・就職・結婚・同性などの理由でお部屋探しを始められた方。

今まで、暮らしたお部屋に恵まれず、転居を考えている方。

このページにアクセス頂きまして本当にありがとうござます。

お部屋探しのフローチャートでは、皆様が部屋探しで成功し「長期に暮らし
て満足できる部屋」を見つる方法を書いて参ります。
住まい探しの一助となれば幸いです。

今、賃貸マンションは供給過剰ぎみとなったと良く言われます。
確かに、賃貸住宅の着工数も増え既存物件の賃料は下がり続けています。
借り手に有利な時代が到来しています。

ですが、それもでお部屋探しに失敗する方、
いい部屋が見つからないと、おっしゃる方もいらっしゃいます。

①前者は賃料に拘りすぎた結果、妥協を重ねた結果そうなる傾向が強いです。

②後者はについては、賃貸市場【全体】の家賃が下がっているので、その中で
割安と感じられる部分は少ないと言えます。

例えば、私が20年前に借りていた2DKマンションの相場が賃料60,000円でした。
今では同グレードのマンション(設備もグレードアップして)が賃料48,000円になっています。
でも、当時の物件の中なら賃料48,000円非常に安いと感じるところですが、今は賃料相場
全体が下がっているので普通です。

マニュアル本やインターネットなどで借りて市場とさかんに言われています。
勿論そうで、借りる方に恩恵が多数出てきています。
(入居諸費用を抑えた物件が多数出てきています。)

ただ、市場全体が下がっているのでそれを実感できる方は限られます。
(長期に賃貸マンションなどに入居しており、現在支払っていいる家賃と市場家賃に
差が大きい方など)

 

 

私がお客様と接する中で、良く思うことがあります。

部屋余り借り手に有利ではありますが、そのニーズを満たす物件となると

決して、余っている訳ではありません!(断言できます。)

家賃バランスが良いお部屋は決まっていきます。
(管理体制・設備・環境・構造・広さなど含めてバランスがいいの意味)

そして、迷っているうちにいい「いい部屋が無い」「失敗した」となってしまいます。

 

逆に、いいお部屋にさっと入居して満足して暮らす方もいらっしゃいます。
このフローチャートでは、上手にお部屋を探されるお客様の部屋探しの仕方(プロセス)に
プロとしての意見も交えながら、【良室】の見つけたを綴ってまいます。

 

あなたを、待っている素敵なお部屋がきっとあります!

Related posts