【夏のホラー特集】このマンションってお化けでるんですか?

「お化けが絶対ダメなんですけど、怖いのダメなんでここ何か出ますか?」
少なくとも年に1回くらいこいうお客様がご来店されます。
当店では、例え告知義務が無くとも、なんらかの事を知っていればお伝えしています。

【告知義務とは】
何等かの理由で入居されていた方が室内等でお亡くなりになった場合は告知義務が生じる場合があります。
心理的瑕疵という物です。

明確な規定がある訳ではなく、判例ベースで判断する事になります。
非常に複雑なので法律云々はここでは語りません。

恐い物件、、、、
不動産業を始めてからは怖い経験が無いので、以前携わっていた不動産情報の編集で物件に行った際に経験したちょっと怖い経験を綴って参ります。
私自身は怪談や怖いのは大好きですが、霊感がゼロに近く幽霊など見た事は無いです。
そんな私でさえ恐怖を感じたこれらの物件、解る方は見ればめっちゃ凄いんじゃないでしょうか?

【CASE1】
鳴門の方だったと思います。
室内写真の撮影を依頼されて一戸建ての写真を撮影に行きました。
凄く変わった物件で宅内に浴室がなく、ブロックで建てられて浴室のみの離れがありました。

和室があり、梁の所にお札がギッシリ貼られていました。
10枚以上は貼ってありました。
超怖い、、、、
どういう意味だこれ!?

普通に貸しに出されていたので、何も無かったのかもしれません。
ビジュアル的に怖い物件でした。

これ借りる人いるんだろうか?
広告出す意味が分かりませんでした。

【CASE2】
同じく雑誌掲載で間取りを書いて欲しいと依頼があり、市内中心部の物件に行った時。
ビルのワンフロアでした。
室内に入ると家具や家電はそのまま、完全に住んでいる感があります。
これ、入って大丈夫なの??
依頼元の不動産会社に確認しましが、要領を得ません。
「なんなの?」
そこは霊感ゼロな私。
ま、ちゃちゃっと間取りを書いていますと、、、、

突然、お経が聞こえてきます。
「えええええええええええええええええええええええええ!」

なんだ・・・・・・!!

ふと音の方向を見ると、仏壇があり蝋燭に火が灯っています!!??????

ぎょえーーーーーーーーーーーー!!

覆い被せるように、外からチャイムの音が聞こえてきます。

めっちゃ焦りましたが、、、

冷静に見てみると仏壇の蝋燭は、電気照明タイプでお経もその辺りから聞こえています。
そう、タイマー式で自動でお経が流れる仕組みの仏壇。
「ビックリさせやがって・・。」

この物件、賃貸でしたがこの状況で見に来て借りる人いるんでしょうか?
超疑問の残る物件でした、、、、

【CASE3】
徳島県北の物件・・・
こちらも、広告掲載の間取図の作成依頼を受けた物件。
これは、ガチ。
もう一度、言いますが私は霊感など持ち合わせていません。
恐い話は大好きですが、、、
実際に怖いのは嫌です。

そんな私を恐怖のどん底に突き落とした物件。
某駅より徒歩2分くらいの割と便利場所にある一戸建てでした。
外観や内装も比較的新しく、呪怨の家のような古めかしさは皆無。
本当に今風の住宅でした。

間取りを書いていると、、
何やら話声が聞こえてくるのです。
何を言っているのかは分かりませんが、ボソボソ。
ボソボソ。
男性の声がずっとしているんです。

1分くらいで話声が途絶えたので、何かの錯覚だとうと思っていると、再びボソボソと話声が聞こえてきます。
何を言っているかは分かりません。

しばらく音の元を探すとクローゼットから聞こえてくるんです!!?
えっ!
これは、ガチなやつなんじゃ。

気持ち悪いので、一旦外へ出ます。
何かの残響か外から音がしているのかもしれないと思った私は、住宅の周りを調べてみます。
しかし、なにもありません。
住宅街の一体しんと静まりかえっています。

おかしい!!
再度宅内に入ります。

2階の部屋のクローゼットから音がしていたので、1階からそのあたりを探ってみます。
1階の天井から音漏れがあるか確認しましたが、これと言った音の発生はありません。
おかしなぁと2階を再度確認しようと階段を上がりかけた時・・・・・

ボソボソ、ボソボソ、、、
何かを相談しているような声が聞こえてきます。
侵入者をどうするかという相談めいた事を言っているよう思えました。

これ、ヤバイやつだーーーーーーー!!”

慌てて、当時部下だったO君に電話。
「取りあえず来て。」

そして、2人で確認すると音は無くなっていました。
当時、何かが残響していたという事にし納得にしましたが、やはりあり得ない。
究極に怖かった事件です。

ここだけは、ガチかもしれません。
ちなみに、事故物件かどうかは不明です。

多分、事故物件とかでは無かったと思います。

【番外編】

これは、不動産業を開業して4年後くらいの話です。

県外の不動産会社から問合せがありました。
「〇〇〇〇という物件をご存じですか?」

私「〇〇〇〇住宅メーカーの物件で似たようなのがあったと思いますが、場所はどちらですか?」

県外業者「徳島市〇〇町ですの〇〇住宅メーカーの物件ですが、告知義務ありとなっています。
こちらは仲介に入りませんので御社で仲介入って貰えますか?もちろん紹介料当も一切不要です。」

わざわざ、告知義務あり物件を仲介して欲しいと連絡。
雑誌か何かの企画で使うんでしょうか?
もしかして、事故物件住みます芸人のあれじゃ、、、

なら、その県外業者が直接仲介すればいいのにと思いしました。
もしかして、過去にその住宅メーカーと何かあって仲介できないのか?
など、30秒程度で考え、、、、

当店では仲介が難しいと丁重にお断りさせて頂きました。
この記事を執筆するにあたり、その物件を某サイトで確認すると、、、
「うわっ!??」
これ以上は、書けません。

 

不思議と自分が不動産業を起業してからは、物件に行ってゾクッとする経験はありません。
とりとめもありませんが、夏のホラー特集でした。

Related posts