先日、RICOH thetaがファームアップでPSVRに対応しました。

また、YouTubeがPSVRに対応しました。

IMG_3520

IMG_3521

そこで早速VRで内見。

IMG_3523

 

結果、これはダメです。

無理です。

酔います。2件見て気持ち悪くなってギブアップ( ̄∀ ̄)

ゲームである程度、酔い耐性をつけていますが駄目です。

スマートフォン等を利用したVR視聴は精度が甘かったり没入度が低いので、比較的ましでしたが、トラッキング精度が高い視聴ではまず酔います。

ゲームなどでは移動時に意図的に視野角を狭くするなどの酔い対策がしてありますが、その対策を取った内見動画はありません。

また私も使用している撮影機器RICOH thetaで撮影した動画をYouTubeで視聴すると解像度が凄く低くなり、VR視聴にはたえられません。

伴って、内見出来なくもないけど現状では動画作成のハードルが高くまともに観るのは困難ですが、、、、

が、2年以内には上記の解決が図られると思います。

現段階でも対応可能ですがハードルは高いですね。

○解像度の改善

・4K 以上のパノラマ動画カメラ

・8レンズ搭載等の物を購入

・高画質エンコード出来るスペックのPC

○視野角の調整

定点撮影時間を増やし、移動時は黒枠を入れて視野角を調整

大変ですが、これ全部コストと時間をかければ現状対応できます。

ただ、VRの普及率が低い現段階では費用対効果が低いのも現実。

やはり2年後かなと思いました。

VR普及率次第では3年後には一般的に部屋探しはVRが通常になってるかも知れません。