賃貸契約時、不動産会社にNHK(日本放送協会)申込を勧められる理由。

賃貸物件を契約する際に契約書類と共にNHKの申込書類が入っているケースがあります。

※放送法第64条によりテレビの受像機を設置した者はNHKと契約する義務が生じます。
(最高裁判所で確定判決が出ました。)

・ワンセグやフルセグ(カーナビ等)の受像機を持っていても、支払い義務があります。

が、、、、、、

最近は、そもそもテレビの受像機(ワンセグ・フルセグ含)を設置や持たない方も多いようですね。
特に学生さんはその傾向が強いそうです。
大手量販店の新生活セットからテレビが外れたそうです。

テレビの受像機(ワンセグ・フルセグを含む)を持ってなければNHKとの契約も不要です。

そもそも、賃貸物件の入居にNHKとの契約義務など生じません。

では、、、、、

何故????

不動産会社からの契約書類にNHKの申込書が入っているのか??

理由はシンプル。

入居者様との契約で不動産会社が紹介料を貰える仕組みがあります。

(数千円ですが・・・・)

 

しかも、紹介料はオートロックマンションの方が沢山貰えます。

そして、不動産会社がNHKの申込を勧める常套句(常トーク)がコレ!

「申し込まなくてもNHK集金人が来て面倒ですよ~」

☆管理人も某講習会でNHKの申込を沢山もらうマニュアルDVDを見たことがあります。
(くだらないですね~。)

ま、不動産会社がNHKの申込を進めてくるのはそういう理由(紹介料目当て)です。

☆彡ただし、放送法第64条により契約義務が生じると確定判決が出ているので、テレビを設置する日から契約はしないとダメですね。

 

Related posts