イオンモール徳島 オープン日程(新聞報道等)

当サイトで1月6日に予測していたイオンモール徳島のオープン日4月下旬説!

当時の記事はこちら、イオンモール徳島はいつオープンするのか大胆予測

新聞報道きています。

以下、徳島新聞Web(2月10日付)記事引用
記事元はこちらをクリックして下さい。

【ここから、引用】
流通大手イオンが徳島市南末広町に建設している大型ショッピングセンター「イオンモール徳島」について、建設・運営主体となるイオンモール(千葉市)の村上教行会長は9日、「大型連休前には開業させたい」との意向を表明した。4月下旬のオープンになるとみられる。

この日、徳島市役所を訪れた村上会長が報道陣に答えた。詳しい日程に関しては「細かい詰めをしており、改めて後日公表したい」と述べるにとどめた。

イオンモール徳島は鉄骨6階建てで売り場面積は5万平方メートル。新形態の総合スーパー「イオン スタイル ストア」を核店舗に、約120の専門店が入る。

専門店には、スウェーデンのカジュアル衣料品店「H&M」やスポーツ専門店「スポーツオーソリティー」など県内初出店も含まれる。全体の従業員は1500人規模とみられ、専門店はスタッフ募集など、オープンに向けて準備を進めている。
【引用はここまで】

 ・
ほぼ、読みどおりに来ています。
4月28日(金曜日)又は4月29日(土曜日)にオープンする可能性が高いと私は思います。」
って本当にそのとおりになった際には、いっぱい「いいね」して下さい。では、イオンモール徳島の現在の完成状況は?
ひとつの答えが提示されていました。
 ・
 以下、労働新聞社(1月25日付)記事引用
【ここから、引用】
徳島労働局は、徳島労働基準監督署、徳島県、国土交通省四国地方整備局などと合同で、西松建設㈱西日本支社四国支店が施工するイオンモール徳島新築工事現場へ安全パトロールを実施した=写真。労働災害が増加しがちな年末年始における無災害運動の一環として実施しており、墜落・転落対策などを重点的に見回っている。

パトロール当日の同現場の工事進捗率は60%で、天井付近での作業が多い状況だったが、同労働局松岡和人安全衛生課長は「ローリングタワーを使うなど適切に墜落を防ぐ方法で作業を進めることができている」と評価した。

パトロール後の講評では徳島労基署の石川正昭署長らが「鉄骨組立箇所で安全帯を使っていたり、KY作業の励行ができていることなどが良い」と話している。

【引用はここまで】

この記事によると工事の進捗は1月25日前後で60%
1月25日~4月上旬で残りの40%とが完成するということは、これから建物等大きく変化していくということです。

グランドオープンが待ちきれません!
楽しみです!
工事関係者様、頑張ってください。
何もできませんが、無事竣工をお祈りしております。

Related posts