スタッフ紹介

私が担当します!お任せ下さい。|


【代表(眞鍋淳一)昭和50年(1975年)生まれ】
【出身】徳島市吉野川市(18年間)、東京都世田谷区北沢(4年)、徳島市(21年)
【徳島市で暮らしたことのある街。】末広、南沖洲、安宅
【徳島市で勤務したことのある街。】安宅、八万町、沖浜、北矢三町、大松町

【資格】宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、甲種防火管理者、少額短期保険募集人

【略歴】徳島県立川島高校卒業、東送学園専門学校放送芸術科卒業(同級生にびびる大木)、フジテレビものまね王座決定戦制作室勤務、徳島市の広告代理店に勤務後、不動産情報出版に15年携わる。賃貸情報誌 編集長を経てカエルームを設立。

【趣味】イオンモール徳島めぐり、地元の美味しいランチ巡り、ボカロ曲を聴くこと、稲川怪談愛好家、ジブリ映画が好きでジブリグッズを集めること。(お店に沢山飾っています。)
オールドゲームをプレイすること。

【好きなことば】「泣き言なんか聞きたかないね、何とかしな。」 ジブリ映画 天空の城ラピュタより自分に言い聞かせています。

【お客様へのメッセージ】
当店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
心よりお礼申し上げます。

私が始めて不動産会社に行ったのは、約20年前上京する時でした。
あこがれの街、下北沢でお部屋を探しました。当時はインターネットも無く、お部屋探しは専ら雑誌をみて問い合わせたり、暮らしたい街の駅前にある不動産会社に訪問して物件を聞くという流れでした。

最初に訪問した不動産会社は新宿のとある不動産不動産会社さんでしたが、地図を渡され勝手に物件を見に行くシステムで土地勘の無い私は本当に苦労しました。
(初めて行った会社だったのでそれが普通かと思いました・・・。)

次に訪問したのは、下北駅前のビルの2階にある不動産会社さんでした。
小さな不動産会社さんでしたが(私のお店はもっとスモールですが・・・)社長さん自らがお部屋を案内してくれました。
一緒に電車で移動したのを鮮明に覚えています。
本当に親身になってお部屋探しにつきあってもらった結果、満足するお部屋とめぐりあう事が出来ました。

以降、引越しは3度経験しましたが、ここからは、関連業界に在籍し地元徳島なので苦労なくお部屋を探せました。
もちろん、徳島でお部屋を紹介頂いた不動産会社さんとも良いご縁を頂きました。

未だに当時担当頂いた方(今では社長さんですが)には大変お世話になっています。
また、カエルームのお店の契約にご尽力頂いた不動産会社さんは、私が結婚する時に新居を契約した会社です。縁とは本当に不思議なものだとつくづく感じます。

このような不動産会社さんと同様に私は「一期一会」の精神を大切にし、下北沢駅前のあのお店のような真摯な対応のできるお店を目指しています。

お客様にとって当店との出会いが良いご縁となり、末永くご愛顧いただけるよう、お客様に寄り添い、お客様本位でお部屋探しをサポートいたしますので、お気軽にお立ち寄り下さいませ。