魔法のスープ!もはや、愛でした!心も身体も満たされていく。|徳島市北沖洲 CANDO(キャンドゥ)

行こう、行こうと思ってなかなか、機会がなったお店。
ついにランチにお邪魔しました。徳島市北沖洲 CANDO(キャドゥ)さん。
カジュアルで落ちついた店内。
オープンキッチンスタイルで調理しているとろも見えます。
私が座っているとことは、カウンター風のテーブルです。
写真右に4人掛けのテーブルがあります。(お客さんがいたので未撮影)
イスタンブールコース1,200円をオーダー!まずは、スープが出てきます。
「人参のヴィルーテ」

一見すると普通のスープですが、一口食べると押し寄せてくる幸福感。
凄く上品なのに、家庭的で懐かしさと共に幸せな気持ちが溢れてきます。
初めての経験です。

スープを食べ進める度に押し寄せる、何か?
料理人の料理愛、郷愁、癒し、、、
実に様々な感情が沸き上がります。
そして、この一杯を食べ終わる時点で想像を超える満足感!
こんなにも、素晴らしい料理に出会えたことを心から感謝しました。
決して大げさに書いている訳ではありません!
映画、レミーの美味しいレストランで評論家を泣かせたトルティーヤ
あの感動に近いんではなかろうかと思います。

そして、肝心の味がどうだったの記憶はありません。
感動しすぎて味は覚えていません、、、、、(なんと)。

そして、メインの若鶏の香草パン粉焼きが運ばれてきます。
既にメインデッシュを食べた気分なんですが、、
専用ナイフが運ばれて来ます。
気分で好きな色を使えるよう心配りされています。
パン粉と鶏の相性も良く、ワイルドありながら香草の爽やかなな風味が上品で実に旨い。
鶏とパン粉がこんなにも合うとは知りませんでした。
食感がいいんです!!日々の忙しさも忘れてちゃって、気持ちも身体も満たされていきます。
店内で適度に流れるBGM、、、、
お客さんの話し声に混じって、オープンキッチンからの調理音。
ふと目をやれば、厨房のグリルからは肉を焼く時のほのうが上がり、目分量で調理していくシェフ
素晴らしすぎるぞ!

フランスパンとオリーブオイルソース。

珈琲を持って来て貰う際に、デザートはいかがですかと聞かれ、オーダーする予定のなかったデザートまで注文しちゃいました。

このクオリティで来られちゃうともう、ここでデザートを注文しないのは野暮ってもん。

オススメを聞きそれをオーダー!
オレンジ風味のクリームブリュレ
外はカリカリの飴状で中は超ふわふわ~
フルーツと食べれば果汁が溢れだします。

嗚呼、幸せ。

パリパリふわふわ、じゅわ~です。

これは、完全にノックアウト。
このデザートを食べつつ珈琲を飲む幸せ。
最高の時間を過ごせました。
今度はディナーに嫁を連れていってあげよう!
コース料理も揃ってるからね。
最後にこれ。
珈琲についてきたクッキー?めっちゃ美味しいんですけど、
有名なやつ?
今日のランチなどメニューを貼っておきます。
ランチ11:30~15:00(LO14:30)
デザートメニュー、ドリンクメニュー
単品メニュー
ディナーコース18:00~22:00(LO20:30)
ヴェネチアコース
2人セットのコース
icon-car.pngKML-LogoFullscreen-LogoGeoJSON-LogoGeoRSS-Logo
CANDO(キャンドゥ)

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

CANDO(キャンドゥ) 34.067503, 134.590099

Related posts