アパートとマンション違いとは?

お部屋を探すときに見る不動産情報。
ポータルサイト・不動産会社のホームページ・情報誌色々な不動産用語がありますが、今回は当店にご来店されるお客様よりのご質問No1.「アパートとマンションの違い」 について解説させて頂きます。

賃貸物件の種別は主に「アパート」「マンション」「一戸建」です。
また、アパートには「コーポ」「ハイツ」「タウンハイツ」などの名称で呼ばれることもあります。

1.結論から言うと明確な決まりはありません。
宅地建物取引業法でも、建築基準法でも規定はありません。
念の為に辞書で引いてみると 、、、
アパート 集合住宅. *apartment houseの略.
マンション 1 mansion 鉄筋の高層集合住宅.(三省堂国語辞典より)

うーん、マンションは鉄筋・高層ということが、かろうじて定義されてます。

(ウィキペディアでは)

「アパート」

アパート(apart)とは、建物の内部を複数に区切り、それぞれを独立した住居として居住用として供与する集合住宅。英語「アパートメント(apartment)」を元にした和製英語。かつては分譲住宅に対しても用いられたが、現在ではほとんどの場合において賃貸物件を指す用語となっている。

同種の共同住宅のうち、比較的大規模・豪華なものは「マンション」と称されることが多い[1]

「マンション」

マンション和製英語:Mansion)とは、日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われている。ただし、語源である英語では(例えばビル・ゲイツの私邸のような)豪邸などの意味で用いられることが多く、共同住宅の意味はほとんどない(英語の類語などの詳細は「#英語節」を参照)。

2.ではどうやってアパート・マンションが登録されているのか?
明確な定義が無い為、不動産サイトで物件を検索する際、不動産会社がアパートで登録した物件はアパートで表示され、マンションで登録した物件はマンションで表示されます。
一般認知度と不動産会社のさじ加減でアパート・マンションが決められています。

鉄筋コンクリート造10階建・・・こらは、一般認知度的にも明らかマンションに入りますが、
微妙なのは、鉄骨造3階建や鉄筋コンクリート造2階建、判断の分かれる所です。

3.賃貸情報誌編集者の視点で検証

私が賃貸情報誌の編集者をしていた頃は概ね以下のような基準で物件分類をしていました。
☆判断基準(建物構造と建物階数)☆
■アパートとは
・木造や鉄骨造である。・2階建ての場合が多い
・1棟あたりの戸数が少ない

■マンションとは
・鉄筋コンクリートの場合が多い
・3階建て以上
・1棟あたりの戸数が多い。

 

.曖昧な基準なので、判断材料にならない

アパート・マンションといった名称は基準が曖昧な為に判断材料にならない場合が多いです。
物件検索をお探しの際は、実際の写真や設備、構造を元にする方がベターです。

ちなみに、下記のような物件の場合(構造が鉄骨造で階建が3階以上)


情報誌基準ではマンションとして掲載していました。
また、インターネットなどでもこのような物件の場合はマンションとして掲載されている場合が多いです。

悩みどころは・鉄筋コンクリート造、小戸数、2階建の下記のような物件です。

悩みますが、マンションで登録すると思います。
遮音性を重視されるお客様が「鉄筋コンクリート造=マンション」で検索される場合が多いからです。
ニュアンスは伝わったでしょうか。
インターネットの物件検索条件の(アパート・マンション)主に構造や階数等の部分に違いがあるといった事を基準に選んでみてください。