あなたのビジネスが他社と差別化できていても、
素晴らしい商品を販売していても、凄くおいしい料理が提供できても、独自性があっても、
お客様に知っていただかなければ意味がありません。

もし、有要な情報の詰まったWEBぺージを作ったなら、商品やお店のことをソーシャルメディアで宣伝してください。
きっとあなたのお店の情報が役立つユーザーがいるはずです。

そして、なによりアドワーズに広告を出して下さい。
google-adwords-logo-1
SEO等の対策を講じても、コンテンツを多数作っても、効果が出るのは半年から1年はかかります。
何故かというと、個々のキーワードで検索順位があがるのは、非常にゆっくりしたスピードだからです。
ブログで時事的なことを投稿すれば、短期間でアクセスが上がると思いますがそのユーザーはあなたのビジネスの見込み顧客となる可能性は低いです。

ドメイン取得年も新しい場合、残念ながらエンジン側からの好評価を獲得できない可能性が高いです。

それならば、広告を出稿してください。
広告が嫌われるとか、広告はユーザーが毛嫌いするから駄目だというWEB担当者の方もいると思いますが、そうではありません。

必要とする人に必要な広告は有効であり、有要な情報なのです。
実際にアドワーズから、訪問頂いたお客様のページセッション数は凄いものがあります。

広告の出し方や配信方法により効果が変わってくるので、そこはWEB担当者の腕の見せ所だと思います。
複雑に思われるアドワーズの運用ですが、今はYouTubeなどの動画サイトやアドワーズ公式に多数の説明動画がアップされています。
マニュアル本など不要です。
実際の経験を通して初めてアドワーズ運用の意味がわかってくると思います。

私は自社サイト諸々の管理や運営をしています。
開業当初より自社サイトからのコンバーションを得られたのは、アドワーズがあってこそでした。

必要な方に必要とする広告を届けるのは、凄く全うなことだと思います。
実はグーグルも広告とユーザーの満足度を計測してクリック単価の調整をしています。
同じ1クリック50円なら、ユーザー評価の高かったサイトを上位表示します。

(グーグルは広告をクリックしたユーザーのサイト滞在時間やセッション数を計測しています。)
また、良いサイトと認識したなら、広告単価はどんどん下がっていき安価で広告配信ができるようになります。

アドワーズ広告は特に若いサイトには、必要なものです。
これから、ビジネスを成功させるなら、ぜひアドワーズの利用をお勧めします。