徳島宅建 本部研修会!中古住宅査定ソフトなるほど、納得研修会だよ。


加盟する徳島県宅地建物取引業協会の本部研修会があり、参加しました。
お、まじめじゃん。

水曜日は、貴重な定休日(ふぁっ!!!??)

なんですが、こうのって水曜日じゃなきゃ行けないので、

そこは、ちゃんと参加するんです。
今回の研修内容は!
(1)価格査定マニュアルの説明(戸建住宅版)
(2)平成30年税制改正
(3)インスペクション事業について

(1)価格査定マニュアルの説明は非常に役に立ちました。
昨年から、このクラウドソフトを導入しておりますが、ソフトが裏でどのような計算をしているか大雑把ではありますが、把握することが出来ました。

説明にはありませんでしたが、土地の査定根拠も出せます。
そして、年間費が異常にお安いです。

査定根拠説明も楽でなにより、業者である私も価格根拠についてセルフチェックが簡単に出来るので、自信を持って査定が出来ます。
実際、他社査定客様プラス160万円でご提案し売却になったこともあります。
そりゃ、安い方が売りやすいです実際。
安く出ている売却査定に対してプラスで出すのは正直キツイですが(売れない時がね)、やはり根拠があればその値段で査定します。

(2)については、あまり大きな改正もなく、、、、。
たんたんと進みました。

(3)ホームインスペクション。
4月1日から実施の有無、実施の場合は内容につて重要事項説明書での説明義務が生じております。
実はこれ、賃貸も実施の有無の説明が必要となりました。
対応を済ませました。
といっても、賃貸管理ソフトでのアップデートのお知らせでそこに気づき(そこ!?)

速攻、宅建協会に問い合わせ・・・。

賃貸でも必要になりますか?
「必要ですね。」
なぬっ。
「カエルームさん前の講習きてましたよね」ふぁっ

はい、参加しました。

売買の意識しかなくて・。。HDJSHFKSDJHKJ」・。、

(何故に宅建協会事務局に言い訳?)

ま、なにはともあれ、それで賃貸の重要事項説明書は修正を加えました。

そして、今回、(建物状況調査の結果の概要)サンプル版も貰いました。
お~これは、参考になります。
こんなのが記載されるのね。

【本部研修会】これだけ、色々教えて貰えるなら行かなきゃ損ですね。

ちなみに、あまり興味の無いところでは先日購入したライフハック大全なる本をこっそり読んでおりました。

トピックス70まで読みすすめました。

だから、「カエルームさん前の講習きてましったよね」ってなる(焦)。